toggle
2016-04-28

有能!クイルの使い方

別売り付属品の中に、「クイル」という商品があります。
お客様から問い合わせがあり、「クイルスピニング」を試すことに。
アメリカでも、クイルで紡ぐのが好き!という方がいるのだそうです。
quil2quil1
まだまだ上手くいきませんが、綿を紡いでみました。紡げます!
クイルでも紡げますが、普通にフライヤーを使ったほうが私はやりやすいです・・・
好みの問題のようですね。
もう一つの使い方。
このクイルはボビンワインダーとしても使えるのです。
すでにもっているボビンに糸を巻きつけてストックしたり、織り機のシャトルのボビン用に巻き取る等、正規品のボビンに関わらず自由に使えるのが魅力です!!
価格の面から見ても、ボビンをたくさん持つより経済的ですね。
一手間の様ですが、超高速で巻き取ってくれるのであっという間です。
ボビンで300gを紡ぐ→それを100g×3ボビンにわける→3本どりの双糸にする
ということもあっという間にできます。
左側に見える黒い円盤は、手元を誤って本体軸などに糸が巻きつかないようにする為の
保護用の板です。
Quill

お一つ¥6,685(税込)+送料で承っています。
ご興味のある方はお問い合わせください。
RYOKO

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください