toggle
2016-02-21

Madronaファイバーアート祭り&ミニスピナーPro試作品

〜Asaのシアトル便り〜
IMG_1287
2月11日から14日まで行われたMadrona Fiber Arts Winter Retreatに参加してきました。
シアトルの南のタコマで行われ、米国内及びカナダからも参加者がいます。
このリトリートは、編み物のクラスが主ですが、紡ぎや織物のクラスもあります。
受講していない時には会場内の広場で行われているデモンストレーションを見たり、各分野の先生に自由に質問ができます。
今回のイベントでクラスに参加した人達が約700名、無料で入れるマーケット・プレースには更に沢山の人が訪れた様です。
Hansen Craftsも例年通り出店しました。いつも人で賑わうHansen Craftsのブースですが、上の写真は人が少ない時を見計らって撮ったものです。
 IMG_1291IMG_1289
New?そうです。新しいミニ・スピナープロが紹介されました。未だ試作品ですが、現ミニスピナーよりモーターが強力で負荷に強くなりました。負荷がかかるアートヤーン等に適しているのではないでしょうか?本年、日本でもお見せできるよう計画しております。お楽しみに!
 IMG_1283
夜はフェアー・アイルのJanine Bajus先生の講演や先生方によるチャリティーイベント等が行われました。Bajus先生はアーティストとして歩んできた道のりを話して下さり、とても励みになりました。チャリティーイベントの寄付金はDoctors without Borders (国境無き医師団)、The Global Fund for Women (女性支援の為の世界基金)、Heifer International (ハイファー・インターナショナル)に募金されました。
 IMG_1292
私は「A Tablet Weaver’s Pattern Book」著者のJohn Mullarkey先生のカード・ウィーヴィングクラスと「The Spinner’s Book of Yarn Designs」著者・Sarah Anderson先生の紡ぎのクラスを受講しました。Mullarkey先生のクラスではRunning Dogと言うパターンを元にカードの通し方、機の掛け方、織る上でのヒント等を教わりました。技術的に詳しく、納得のいく説明をしてくださいました。Anderson先生のクラスはFluffy Yarnsと言う題名のクラスでした。普段どちらかと言うとレース用の極細糸を紡ぐ私には並太から極太の糸を紡ぐ良い機会でした。
Sarah Anderson先生は米国で紡ぎ作家として著名な方で彼女の本は写真も多く評判の良い本です。日本でも電子書籍で手に入るようですね。
 IMG_1282
今年の初めに紹介しましたMadrona Lace Scarfは無事今回のイベントまでに編み上げ、デザインをしたEvelyn Clark先生にもお見せする事ができました。
次のイベントは3月に行われるHansen Craftsのミニ・スピナー・リトリートです。
Asa
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください