toggle
2015-12-16

200円でできるレイジーケート!

ミニスピナーをご利用のお客様からハンセンクラフツのボビンに合うレイジーケートで市販されているものを教えてください。とのお問合せをいただきました。

当社のボビンはジャンボサイズなので、日本で一番流通しているであろうこちらのレイジーケートには入らないのです。

600x800lk_149

アメリカのミニスピナー愛好家の間では、「自作」「木工家の手作り」「TravelKate社」  が人気のようです。(当社では取扱がありません)

日本の愛好家も、自作のものを使っている方が多いようで、実際私たちが使用しているのも、木工が趣味のスタッフOsamuによる手作りです。

11743006_10204730204030083_1243128517374671039_n

ですが、もっと簡単に手に入るもので、作れないかと調べたところ、ありました!

アメリカの編み物コミュニティーサイトRaverlyのHansenCraftsページのアイディアを元に作成したのがこちらです!(Raverlyをご覧いただくには登録が必要です。簡単にできます。ぜひ見てみてくださいね!)

lazykate1 lazykate2

制作費200円!! 百円ショップで購入したカゴと編棒。

・カゴの穴に、百円ショップで買った編棒(片側に丸い玉がついているもの)を通します。

・棒が抜けないように、編棒の玉のついた側を高い少し高い位置に差し込みます。

そうすると、ボビンに少しテンションもかかるので、とても使いやすかったです。
デリケートな糸を縒る際は、編棒を平行に穴に通し、テンションがかからないようにします。使用しないときは、そのまま入れ物としても使えますし、これはいいです!
日本で市販されているものも、引き続き調査中ですので、分かり次第お知らせいたします。
Ryoko
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください